- 2588 DAYS -スペシャルBLOG

(ナゴヤ・ω・ドーム)2014.02.03 18:05


玲奈です(・ω・)


しばらく更新できずすみませんでした。
ツアーファイナルである、ナゴヤドームが無事に終わりました。

素直な気持ちを書いてみようと思います。


全くコンサートがない事にフラストレーションを感じていた私たち。
どうしてもどうしてもコンサートやツアーがしたくて、たくさんスタッフとお話をしました。
それでもなかなか話は進まなくて、AKBの大阪ドームでNMBがコンサートが決まってとても羨ましかったです。
だから、絶対絶対スタッフさんを説得してAKBのナゴヤドームで発表してもらうんだって、そう思って、自分たちでツアーのコンセプトとや、流れを考えたりして、ギリギリまでスタッフさんに掛け合って…
でもナゴヤドームの当日までスタッフさんの口からOKはもらえなかったです。
正直、その時はSKEのいい報告ができないことがとても残念でした。

だから、絶対にないと思っていたツアーやドームの発表があったときは言葉では表せない気持ちでした。
スタッフさんたちの中ではツアーをすることも、ナゴヤドームもずっと前から決まってたけど、それはサプライズだから私たちには言えなかったそうです。
とっても嬉しいサプライズに、会場のSKEコール、忘れることのない出来事。

それから神戸、横浜とツアーを重ね、たどり着いたナゴヤドーム。

たくさんの人が会いに来てくれました。
たくさんの人が待っていてくれました。

初日にステージに立った時、緊張とかよりありがとうの気持ちが溢れてきて、この景色を忘れないようにと思いました。

たくさんの人に出会えたから、この場所に立てた。
SKEの歌がひとりひとりの人とのつながりを作ってくれた。


ナゴヤドームは区切りではなく、通過点。
まだSKEには区切ることができない続きがあります。
ドームはとても楽しかったし、みなさんの笑顔がたくさん見ることができました。

でも私はこの先にもっといいものを作りたいし、もっとたくさんの人に楽しいコンサートを観てもらいたい。
もっともっとたくさんの人にSKEのパフォーマンスを好きになってもらいたい。

だから今度はもっと細かい場所をまわるツアーがしたいです。
そしてまたガイシホールでコンサートをしたり、SKEがナゴヤドームに戻ってくることができるようにしたいです。
もっと成長したSKEを応援してくださるみなさんに観てもらって、今回の初めてのナゴヤドームとは違う特別な気持ちを感じてもらいたい。

今回、一期生にとってナゴヤドームはとても特別なステージだからみんな頑張ろう。そう言ってくれるメンバーがいました。
とても嬉しかったです。
だからまたここにSKEが戻ってきた時、他のメンバー自身にとってドームのステージが特別なステージであるようにしたい。

こんな風にいろんな事を感じました。
気持ちがあっちへこっちへ行ってまとまらなくて困っています。


夢であったナゴヤドーム。
今はその先の次の道に一歩足を踏み出しました。
夢の場所が終わりでなくて、先の道があってよかったです。



道を照らしてくれてありがとうございます。



(れ・ω・な)
SKE48 Mobile